上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長い長い時間をかけて準備してきた公演『裸の女たち』が昨日無事に終了しました。
ご来場くださった皆さまありがとうございました。

体力勝負!の舞台でしたが、大きな失敗もなく、無事に踊りきれたことに感謝します。
そして私たちが考えて準備してきたことを、大勢のお客さまと共有できて本当に幸せでした。

幕が開いた瞬間のこぼれるようなため息、はじける笑顔。
ソロのアレグリアスでは曲の盛り上がりとともに会場全体がヒートアップしていくような一体感。
ヒターナのおばちゃんをデフォルメしたタンゴでは、客席から聞こえるくすりという笑い声や
抜けた瞬間の「オレ」というハレオに思わずニヤリ。
そして最後の極めつけのお笑いカラコレス。爆笑してもらえてホントに良かった☆

今まで出演した劇場公演の中でも一番、瞬間瞬間を味わった気がする・・・
それはきっとその瞬間瞬間を自分自身で考えて作ってきたからなのかもしれないな。


一つだけ心残りが、、、
終演後すぐにロビーに出てお客様にご挨拶が出来なかったこと。
歌い手のパコを最終の新幹線で東京に帰すために
タクシーを呼んで、見送るのに必死になっていました。
終演直後の「終わった~!!!」という充実感が得られないままバタバタと
後片付けに追われてしまったのが本当に本当に残念。

ロビーでお待ちになっていた皆さま申し訳ありませんでした。
私も直接多くの方からご感想をいただきたかったです(涙)

なので。この場を借りて。
ぜひぜひ、ご感想などお待ちしています!


無事に公演を終えれたことに本当に感謝します・・・
お客さま、スタッフ、ミュージシャン、両親、そして らす・しゃちほこすのみんな
本当にありがとう!!

13490010013931.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。