踊るのが好きで踊ってるわけですが、
やっぱり人前で一人で踊ることってとても恐ろしい。
勇気が必要です。

なので、それを見ている人は、心で一緒に踊ってあげる必要があると思うんです!
他人事ではありません。

animar! トロンボが言ってたな~。
ハレオ・パルマで踊りやすい雰囲気をつくる。

クアドロでフラメンコな空気をあたためること。
それはとってもむずかしいことだけど、少しずつがんばっていく。として・・・

クアドロに限らず、踊りを見るときはいつでもその気持ちを忘れずにいたい。

ふふーん!って冷めた目で見てしまうこと、あるでしょう?
お金払って見にいってるときに好みの踊りじゃないと私もやってます。反省。

そういう空気でいいものが出てくるわけないです・・・

日本人の観客はとくにそういう傾向が強いのかな。
舞台で起きてること、自分とは関係ないし、って。

スペインではもっと観客があったかかったな~
ペーニャで踊ったときのたくさんのハレオ。キメの後の歓声。

スペイン人と日本人の性格の違いをそんなところにも感じます。

私もスペインの良いところは見習って、日常生活でも
いろいろなことを他人事で済ましてしまわないようにしたいなあ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://graciadeagua.blog11.fc2.com/tb.php/10-c2ac7465