セビージャからヘレスに移動。ヘレスフェスティバル開幕!

ビジャマルタ劇場でのフェスティバル初日、
メルセデス・ルイスの公演に行ってきました。

6列目に座っていたので、メルセデスの表情や呼吸まで感じられて、
スペインに来てよかった…と感動。
メルセデスの踊りの上手さにはいつも舌を巻くけど、
今回はそのテクニック以上にフェスティバル初日にかける彼女の気合いや
演技的な表情(顔フラメンコではなく、作品のストーリー性のための)に魅せられた。
そして踊りは隅々まで丁寧で、このレベルの人達も進化していくんだな~と。

そして私の感動の深さも深化してる気がする。
ああ、自分が踊る側になって経験したことはこの感動を得るためかも…なんて。
ゲストのカナーレスはメルセデスを食ってしまうほどの存在感。
アレグリアスは大きな子供が踊ってるような楽しさ。
そうだ、二人でパリージョもやってたな。レアなこと★

そして、ダビ・ラゴスのカンテ、大好きだー

他にもいろいろ感じたことはあるけど、それは私の胸に。

さあ、16日で20公演以上を見るロカな日々の始まり。
体力勝負。がんばろう。
201502211851365e0.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://graciadeagua.blog11.fc2.com/tb.php/190-412adaaf