上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、エンカルナ・アニージョの講習を受けました。
2016021714544723b.jpg

このクラス、良くあるフラメンコのクラスではなく、
即興のための講習会とのこと。
何をやるのかなーと興味と不安が半分ずつ。
時間も3時間と長め。でも本来は3日間が必要とのこと。
名古屋は都合により一日だけのお試しクラス。

前半はソレア・デ・カディスの歌のクラス。
レトラ一行を何度も繰り返し歌う。
ゆっくり、ゆっくり。
そのスローなペースがフラメンコ。
Youtubeで検索して次々に新しいものを見れる現代のスピード。
それも刺激的だけど、歌えるようになるわけない。
何が大切かもわからなくなっちゃう。
フラメンコの伝統の形、口頭伝承。
世の中が進んでも、人の芸の向上は少しずつ。。

後半は、模擬フィエスタ。
エンカルナは歌ってくれない、助け船を出してくれない。
自発的にみんながやることを待ってる。
その上で、うまくいかなかったこと、
彼女から見て奇妙に映ったことなどを丁寧に説明してくれる。

課題はたくさん見えたけど、まず克服するのはアイコンタクトかな。
恥ずかしがりの日本人にはむずかしい★
日本人というか、私には。とても。

ああ、フィエスタの達人になったら、人生もより楽しめそう!
コミュニケーション能力。自分を開いて、周りの様子をキャッチして。
さて達人目指して、生活態度から変えていくかー

即興のための一つのアプローチ。模擬フィエスタ。
他にも違うアプローチがあるんだろうな。。
最低でも3日間必要なわけがわかる。
フィエスタだけでも、何日も必要だもの。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://graciadeagua.blog11.fc2.com/tb.php/209-f58f5e11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。