2011.12.12 公演終了
金曜日の中野ゼロホールでの公演『HILVANANDO FLAMENCO』に
お越しくださいました皆様ありがとうございました。

沢山の出演者、スタッフがそれぞれのベストを尽くして一つの作品を作り上げるエネルギー。
これだけの時間と労力を、ただ1日のために。
出演者の一人である自分が言うのはなんだけど、本当にプライスレス。

終演後の感想を何人かの人に聞いたところ、とても楽しい公演となったようで。
あ~、がんばった甲斐があった…

そして、先月のアルハムブラに引き続き、私の好調の波は続いているようで
今回もたくさんの方からパワーアップしたとの嬉しい感想をいただきました。

その要因はなんだろう。思ったこと。

技術的に発見したことや整理されたことに加えて、
「覚悟」を決めたことが大きいのかもしれない、なんて思う。

愛知に移って、踊り続けていく「覚悟」を以前よりも強く持つようになったこと。
何度、強く「覚悟」を決める瞬間を持つかが踊る上での何かにつながるような気がする。

もちろん、今までにも覚悟はいろんな時々でしてきたつもりだけど。
そしてこれからもまた覚悟を固める場面が待ってるのだろうけど。


それにしても。志保さんが積み上げてきた「覚悟」の量や大きさは…
そりゃ、すごい訳だわ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://graciadeagua.blog11.fc2.com/tb.php/81-b37bf579