上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へレス・フェスティバルが終わって、今日セビージャに戻ってきました。
ふー、15日間のノンストップなフラメンコ漬け生活は終了。

今回、フェスティバルで私が受けたクラスは
アナ・マリア・ロペスのブレリア
アンヘリータ・ゴメスのブレリア
マリア・デル・マル・モレーノのソレア
というへレス三昧の選択。

どのクラスもガンガン踊るというよりは
フラメンコ理論?フラメンコ哲学?を聞くクラス。
そしてどのクラスもカンテ・ギター付。
マリアのクラスなんて、アントニオ・マレーナが来るというサプライズ!

ああ、なんていう贅沢。その贅沢さに踊ってて顔がにやけてしまう。ソレアなのに…
へレスのコンパスの中に身を置ける幸せ。
いっぱいいっぱいその空気を吸った。

そしていろいろ考えさせられた…

へレスのフラメンコの伝統を伝えていくという気概。
アルティスタである以前に、人としての態度。
スペイン人、アンダルシア人の気質。


そして、15日間連日の劇場通い。
日本で見る、学ぶ量の3年分位?を一気にやった感じ。

あまりにいろいろ感じすぎて今はもう何がなんだか。
頭がぐちゃぐちゃ。
体はくたくた。

でも、祭りの終わりはなんだか寂しい…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://graciadeagua.blog11.fc2.com/tb.php/92-8c2a3415
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。